2012年08月25日

【朗読CD】関東大震災「見聞録」「修羅の巷に立つ」(CD3枚組)


【解説】
 田中貢太郎の「見聞録」は、大震災の直接体験や、人々の話を直後に書きとめた貴重な実録。本所被服廠跡の数万人の焼死という大惨事の様子、流言蜚語による緊迫した警戒の様子などを描く。高山辰三の「修羅の巷に立つ」は、下町一帯に燃え広がる火災、荷車で一杯の通りの混乱、上野松坂屋や帝大図書館の炎上、神田、本郷までも一面の焼け野原となった様子など貴重な証言録。

【試聴】
 田中貢太郎『見聞録』より「変災序記」
posted by しみじみ朗読文庫 at 17:21| 関東大震災―見聞録/修羅の巷に立つ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。