2012年08月25日

【朗読CD】小泉八雲の思い出「思い出の記」(CD2枚組)

小泉八雲の思い出-「思い出の記」

【解説】
 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、怪談で知られるが、旧き良き日本を愛し、近代化に染まらない日本の素晴らしさを欧米に発信した。旧き良き日本の面影が色濃く残る松江をこよなく愛し、後年、早稲田大学教授として迎えられたが、日本風の住居、生活で通した。この妻の節子による「思い出の記」は、八雲の気質、好み、妻子への愛情、人々との交流を描いた貴重な記録である。

【試聴】
 思い出の記
posted by しみじみ朗読文庫 at 18:57| 小泉八雲の思い出(「思い出の記」) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。