2012年08月25日

【朗読CD】芥川龍之介王朝文学選―「俊寛」「袈裟と盛遠」「好色」(CD2枚組)


【解説】
 古典に素材を得た王朝物3編。「俊寛」では、鬼界が島に流された俊寛が、島民に敬われながら琉球芋や鳥肉など食らい逞しく生きたという、通説と異なる描写。「袈裟と盛遠」は、袈裟御前に横恋慕した文覚上人が、御前を唆してその夫を殺したつもりが、実は御前本人だったというもの。「好色」は、平安時代に色好み平中が、思い通りにいかない侍従に翻弄され、遂に悶絶するとの説話。

【試聴】
 俊寛
 袈裟と盛遠
posted by しみじみ朗読文庫 at 18:16| 俊寛/好色/袈裟と盛遠 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。